2021.Vol.01

無重力の球体

Weightless Spheres

球形のガラス製シェード付き照明のボールランプは、置いてあっても、吊るしてあっても、繊細なフレームに乗っていても、まとめて浮いていても、そのやや制約された形から想像するよりも、思いのほか見せ方は融通が利く。

透明のガラスの球形は、明かりを消したときには照明が目立たなくなり、虹色の表面がまるで大きなシャボン玉のような見た目を与え、色付きガラスはお菓子が浮かんでいるようにも見える。

 

無色のガラスで作られたものは光源をはっきりと見せ、インテリア空間に創造性をもたらす。ヴィンテージスタイルの電球とその内部にフィラメントがあるデザインは、懐かしく居心地のよい雰囲気を生み出し、彫刻的なデザインの現代的なLED電球は、文字通りの“ハイライト”になる。大きなテーブルや広々としたエントランスの天井からいくつかをまとめて吊るしたり、または惑星配置のようにセットすると、ボールランプはさらに印象的なデザインアイテムとなる。

電球がくっきり見える:カラフルなガラス製シェードがカラーフィルターの役目を担い、光源選びは美しさを考慮する機会となる。© imm cologne/Willisau

吊るす、設置する、置く:大きなガラスの球体を備えた照明は、組み合わさって作用し、まとめて配置するのに最適だ。

© imm cologne/BROKIS

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.