2020.Vol.01

大胆なコントラストと強い色

Bold Contrasts and Strong Colours

中間色とパウダートーン、北欧の木、そして天然の素材。ここ数年、北欧のインテリアスタイルとその微妙なニュアンスが支持されてきた、そして今再び大胆なデザインに注目が集まりつつある。

強い色が戻り、しかも強烈なコントラストという最大の効果を伴っている。そしてその強さはどこで使うかが鍵となる。勇気のある人は壁全体を塗り、ソファやラグもカラフルに揃えながら、ブランケットや花瓶、キャンドルなどの華やかな小物には柔らかい色を持ってくる。

トレンドのムードは快活さと落ち着きとの間にある。中でも大胆なのはシグナルレッド、ウルトラマリンブルー、そしてカナリヤイエローだ。ダークブルーやワインレッドは合わせやすく、ついでに言えばヒュッゲの頃の銅の小物と相性がよい。

モノクロのハーモニーは過去のもので、今はもっと華やかになっている。インテリアデザインは今、柔らかいものから強いものまでどんな色も使う。まるで絵具箱のようだ。© imm-cologne.de

これまでのパステルカラーは最新のトレンドカラーの強くて暗い色合いと合わせて簡単に強調できる。© Shutterstock

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.