2019.Vol.10

モミの木以外なら何でも:クリスマスツリーに代わるサスティナブルなデコレーション

Everything but the Nordmann Fir: sustainable decorations and Christmas tree alternatives

昔ながらのクリスマスツリーは、少なくとも年に一度はサスティナビリティという点で議論の的になる。私たちは皆クリスマスツリーのロマンチックな伝統に愛着を持っているが、生態学的な観点からすれば、室内で短期間しか飾られないツリーの問題について考えなければならない。本物のツリーでなくても構わない人々には、それに代わるスタイリッシュな提案がある。おしゃれな花瓶に大きな枝を刺して、玉飾りやスター、ティンセルモールで同じように美しく飾ることができる。あるいは、お気に入りのクリスマスデコレーションをアクセントとして家中にちりばめても良いだろう。もう少し冒険したい人は、デザイナーの斬新な作品に目を向ける。近年は、クリスマスツリーをクリエイティブに解釈して、ツリーの形を装飾化したものや、折り畳み式の木製ツリー、モビールのように天井から吊り下げる小さなベニヤ製のツリーを提案するデザイナーもいる。針状の葉を巻き散らす古典的な風習をやめるべきだというのがその趣旨である。少なくとも頻繁に掃除機をかける必要はなくなるし、一生飾っておけるツリーを手に入れることができる

緑色を選ばなければ、赤色と金色も無視することができる。ピラミッドからスターに至るまで、昔ながらの呼び名の幅広いアイテムがあり、スカンジナビアらしく控え目に天然素材が使用されている。© shutterstock

ツリーに見立てた木製のアイテムにデコレーションとイルミネーションを施せば、クリスマスらしいシルエットとムードを演出することもできる。© shutterstock

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.