2019.Vol.03

小型家電をスマートに

Small appliances smarten up

ケトル、ブレンダー、コーヒーメーカーなどは、一般的に機能で評価されるものの、戸棚の後ろに隠しておきたい器具である。それらの小型家電は、不必要に光る表示がついたクロムメッキのプラスチックで飾り立てられ、存在は必要以上に誇示されやすい。最近のミニマリズムの傾向はそれらを説き伏せる。今の時代、電化製品はその機能と同時に美的な資質も誇示しなければならない。トースター、ミキサー、ドライヤーも、スタイルにこだわるメーカーは独自の提案を販売に活かしてトレンドに貢献している。ユーザーは厳選して所有物を減らし、家の中の目立つ場所に恥ずかしくないようにそれを置く。そして今では細部にわたって優れたデザインを求めるようになり、それがあらゆる面において美しいものを提供するという重要性を家電メーカーに突き付けている。

小型家電は、特にキッチンにまとめて置かれることが多い:ジューサー、パン焼き機、ソーダメーカーがカウンターに群をなす。©shutterstock

自由な空間と無地のフロント:そこに置くものはなんでも目立つ。洗練されたデザインの小型家電はコンセプトの邪魔をせず、その一部となる。 ©shutterstock

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.