2019.Vol.01

壁にも衣装を:
織物でできた壁紙と立体感のある壁紙

Clothes for Your Wall:

Textile and Structured Wallpapers

冬の憂鬱な気分を吹き飛ばす、特別な効果のある壁紙がカムバックを果たしている。マーブル模様の不織布製壁紙、マットな紙や布の表面にきらめくゴールドのモザイク模様など、珍しい壁紙は、壁にかけるアートに代わる大きな芸術作品にもなり、構造の計測や大げさな改装工事の必要もなく部屋を個性的に生まれ変わらせる。

トレンドとなっている壁紙は、壁面全体を覆うために使われるだけではなく、さまざまなデザインの壁紙で壁面の一部分や、食器棚、部屋の間仕切りなどをコーディネートすることもできるのだ。

布製の壁紙は、部屋をとびきり居心地よく寛げる空間にする。見た目が美しいだけでなく手触りもよく、断熱性と吸音性の向上といううれしい効果がプラスされている。

見て、触れて、心地いい。ADO CoverTex™の壁仕上げ材で壁面に布製の装飾が可能。 © ケルン国際家具インテリア見本市 / アド・ゴールドカンテ

空間全体を覆うもよし、一面だけにアクセントを付けるもよし。布製の壁紙は室内の音響効果を高めるだけでなく、断熱性にも優れている。 ©ケルン国際家具インテリア見本市 / アド・ゴールドカンテ

模様や立体感のある壁紙で、古い家具がまったく新しい姿に変わる。©ケルン国際家具インテリア見本市 / Zimmer + Rohde(チマー&ロード)

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.