2018.Vol.02

古いものを維持することは、
何か新しいものを創り出すこと: 
歴史のある木が、現代的な透明性と出会う

Preserve the old to create something new: historic wood meets contemporary transparency

古い木を用いて作られた家具は、部屋の中に快適で心地よい雰囲気を作り出す。木は非常に特別な性質を持ち、それぞれが語るべき自らの物語性を備えている。この人気のある天然の素材がいかに多彩で多面的であるかは、木を透明度の高いプラスチックやガラス素材と組み合わせ、全く新しい美の特質を生み出すという新しいトレンドにおいても明らかである。力強く、それでいて気取りのない木材が持つ温かみは、半透明の素材が備える視覚的な無重力感や軽さと組み合わされても変わることはなく、空間をより軽快なものにしてくれる。これは、特に小さな部屋では大きなプラスとなるものだ。有機的な形状が、現代的な透き通った見た目を帯びている。

古い木材の現代的なセッティング。6千年前の古代オーク材による木製パネルが、プレキシガラスの透明なフレームの上にドラマチックにあしらわれている。

© imm cologne/About Stein

このラウンドテーブルは、ニュージーランドの樹齢千年のカウリマツと透明な合成樹脂からなる。

© imm cologne/Riva 1920

木とガラスの組み合わせによるこのサイドテーブルのデザインは、有機的な丸いテーブルトップと幾何学的なテーブル脚から構成されている。

© imm cologne/Aaron Scott Design

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.