2017.Vol.11

アイランドキッチン周りの
ダイニングスペースをクリエイティブに
生み出す方法

creative ways to make dining space around a kitchen island

キッチンスペースにあるダイニングテーブルは、複合的な機能を持つ必要がある。食事を一緒に楽しむ場所であると同時に、物を置くのに便利で、仕事をする作業台としても機能するものであることが要求される。よって、どんなに小さなキッチンでも、ダイニングエリアが必要となる。最近の各メーカーによる新しい小粋なテーブルの提案は、より狭い面積の中により使い勝手のよい空間を絞り出すことに成功している。壁とアイランドキッチンの間の使われていない空間をバーテーブルに変えるテーブルトップや、外に引き出したり、折りたたんで上げ下げできるパネルによって、食事の際のテーブル天板を作り出すことのできるアイランドキッチン、また可動式収納テーブルは、食事後にテーブルを片付けてしまえば、ユーザーは貴重なキッチンスペースを節約することができる。

巧みに橋をかけて、このテーブルトップは、壁とアイランドキッチンの間の使われていない空間をバーテーブルや追加の作業スペースに変える。

© imm cologne/Nobilia

座った高さにぴったりと合った食事のためのスタイリッシュなテーブルトップは、朝食時にカウンターとなるだけでなく、1日を通じて作業するためのスペースとして二重に機能し、あるいはアイランドキッチンに巧みに収納される。

© imm cologne/Nolte

手首のちょっとした動きで、アイランドキッチンからテーブルを引き出し、折りたたまれた脚を下ろすことできる。そして、折りたたまれたテーブルトップを広げれば、あっという間にディナーの準備が完了だ。

© Häfele

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.