2017.Vol.06

機能性から意匠性まで:
キッチンの新しい照明トレンド

From functional to decorative: New lighting trends in the kitchen

オープンコンセプトのイートイン・キッチンの人気が高まってきている中、デザイナーたちは機能性と意匠性を兼ね備えた照明を駆使した新たなスマートソリューションを探し求めている。楽しく料理をするための明るいスペースに求められる明かりの必要性と、ダイニングエリアの趣のある明かりとバランスを取ることは至難の業だ。例えば、キッチンキャビネット内に備え付けた実用的なビルトインのLED照明は調理スペースに理想的な明かりをもたらすと同時に、ダイニングテーブルの上から吊るす装飾的なライトがムードある雰囲気を創造するのだ。

直接照明と間接照明の独創性のある調和は、料理のための最適な可視性とディナーテーブルの楽しい雰囲気の両方を確かなものにする。© shutterstock

昨年のミラノサローネにてキッチンメーカーのノビリアは、調理スペース上部の機能的なLED照明とダイニングエリアの装飾的な吊り下げライトのコンビネーションを打ち出した照明コンセプトを発表していた。

© salone del mobile/nobilia

ハーフェレの埋め込みダウンライトLOOX LED 3002は、ウォールユニットや棚下の取り付けに最適だ。その高照度はキッチンの料理スペースに理想的な明かりをもたらす。© Häfele

© Häfele Japan K.K., Japan. All rights reserved.